ちんこ黒ずみクリーム

使って良かったちんこ黒ずみ対策クリームと正しい選び方

 

ちんこ黒ずみ対策クリーム
いろいろ使ってみました。

 

 

このまま
ちんこの黒ずみを放置しておくわけにはいかないですよね。

 

オナニーするだけで
どんどん黒くなりますから。

 

実は

 

エッチで、
ちんこは黒ずまないんですよ。

 

ちんこの黒ずみは
潤滑剤のないオナニーとか
下着の擦れが原因です。

 

 

 

これから紹介するのは
ちんこ黒ずみ対策クリームと言っても
亀頭・根本・玉袋・陰茎の包皮などなど
全体の黒ずみをケアできるクリームなので安心してくださいね。

 

 

僕も使ってますし
女の子のアソコにも使えるクリーム(医薬部外品)ですから安全性が違います。

 

 

個人的には
これらの黒ずみ対策クリームを使って
ちんこへの刺激を減らしつつ美白オナニーするのが安心な気がしています。

ちんこ黒ずみクリームの選び方

ちんこ黒ずみクリームを選ぶ上で重要なポイントは2つです。

 

まず1つ目は、
厚生労働省で認可された美白効果に優れた成分が配合されているかどうかです。

 

最も美白効果の高い成分としてハイドロキノンがありますが、ちんこケアを行う場合には、強すぎるので
刺激のあまりないトラネキサム酸や、プラセンタエキス配合クリームを選びます。

 

これらの成分は厚生労働省にも許可されている美白成分ですので、安心です。

 

 

2つ目は、
保湿力の高い成分や炎症などを抑えてくれる成分などがプラスされて配合されているかどうかです。

 

ちんこ(亀頭・根本・玉袋・陰茎の包皮)の場合、オナニーや衣服の摩擦などダメージを受けやすい部位です。

 

その為、せっかく美白効果が高い成分が配合されていても、肌の状態がしっかりと整えられていなければ、
黒ずみやシミが繰り返しできてしまいます。

 

肌の水分の約80%を保持しているセラミドや、次いで保持力の高いコラーゲン・セラミドが配合されている上で、
抗炎症作用のあるグリチル酸2Kが含まれていると尚、良いですよ。

上記ポイント2つをクリアしているちんこ黒ずみクリーム(医薬部外品)


僕、いろいろ試しました。

 

 

良かったちんこ黒ずみクリームを集めていますが

 

販売ページを見てみると
女性のデリケートゾーン美白に向けた内容になっています。

 

でも、男性である僕も買えましたし
使っていて問題ないので安心してください。

 

むしろ、女性向けなのでクオリティーが高いです。

イビサクリーム

 

成分と特徴

男女問わずデリケートゾーンの黒ずみ専用クリームとしては1番売れているそうです。
このクリームはオナニーに使うと気持ちいいです(笑)
黒ずみケアもできて一石二鳥です。
イビサクリームには厚生労働省に許可されている美白成分のトラネキサム酸と、炎症などを防ぐグリチル酸2Kが配合されています。
デリケートゾーンの黒ずみなどは、衣服と肌とが摩擦を起こして炎症を起こした結果、できてしまう事が多いものです。
その為、グリチル酸2Kが配合されている事で炎症を抑える事で肌荒れを防ぎ、黒ずみになる前にケアする事ができます。

 

また、黒ずみの原因は増えすぎたメラニン色素によるものですので、メラノサイトの活性化を抑制する事でメラニンの増加を抑えて黒ずみになるのを防ぐ事ができます。

 

その他、老化やくすみの原因となる「糖化」をケアする成分の他、保湿成分もたっぷりと配合されていますので、
デリケートゾーンの黒ずみを予防するだけでなく、肌を整える働きも期待できる商品です。

 

プライバシー保護配送してくれるので
何を買ったか、バレないですよ。
>>イビサクリーム公式キャンペーンサイトはこちらです。
※28日間の返金保証中です

 

タッチでトラネキサム酸の動画説明が見れます

 

【イビサクリームのインスタ】

 

 

 

イビサクリームはインスタで人気爆発していて
知る人ぞ知るコンプレックス対策クリームのようです。

 

ヴィエルホワイト

成分と特徴

120日間の返金保証が付いているので、初めてちんこ黒ずみクリームを買う人は安心かもですね。
ヴィエルホワイトには、黒ずみやシミの原因となるメラニンの生成を抑制するトラネキサム酸の他、メラニンの活性化を防ぐアルピニアカツマダイ種子エキスが配合されています。
これらの成分によってメラニンの過剰な増加を防ぎ、黒ずみやシミを予防します。

 

なお、肌は乾燥してしまうとバリア機能が弱くなり刺激を受けやすくなります。肌は刺激を受けると肌を守るためにメラニンを過剰に増加させます。
この働きを予防するためにもヴィエルホワイトにはセラミドやコラーゲンなど保湿力に優れた成分も配合されているため、肌をしっかりと保湿してバリア機能を高めてくれる作用も期待できます。
>>ヴィエルホワイト公式キャンペーンサイトはこちらです。

 

ピューレパール

成分と特徴

デリケートゾーン専用ではないのですが全身に使える黒ずみケアクリームです。
買いやすさで言ったら1番かもしれません。
個人的にはイチオシです。

 

ピューレパールには、美白成分の水溶性プラセンタが配合されています。プラセンタは胎盤から抽出されるエキスの事で、肌のターンオーバーを促してシミや黒ずみの原因となるメラニンの排出を促進します。

 

なお、ピューレパールには保湿成分にもこだわりがあります。
ピューレパールには、肌の水分の80%を守っていると言われるセラミドが配合されています。
セラミドだけではなく、水分保持力の高いコラーゲン・ヒアルロン酸を配合する事で、しっかりとお肌の潤いをキープします。

 

その他、かみそり負けや炎症からお肌を守るグリチルリチン酸ジカリウムを配合しているため、ダメージからお肌を守ります。

 

このように、ピューレパールはしっかりと保湿成分を配合し、炎症などのダメージを防ぐグリチルリチン酸ジカリウムを配合する事で、
お肌のバリア機能を高めて刺激から肌を守りながら、美白成分・水溶性プラセンタでメラニンの排出を促し、お肌の黒ずみをケアします。
>>ピューレパール公式キャンペーンサイトはこちらです。

 

ホスピピュア

成分と特徴

ホスピピュアには、黒ずみの原因となるメラニンを増やす一因となるメラノサイトの活性化を抑制するトラネキサム酸が配合されています。
黒ずみを防ぐには、肌の感想を防ぐことも大切ですが、ホスピピュアには美白成分のトラネキサム酸だけではなく、肌に優しい天然由来の保湿・保護成分が配合されています。

 

天然由来成分で保湿・保護を行いながらトラネキサム酸で黒ずみケアをしっかりと行います。
>>http://www.hospipure.com/l

 

アットベリー

成分と特徴

これまたデリケートゾーン専用ではないのですが、全身に使えるクリームです。
全身用の黒ずみクリームは、とにかく買いやすいってメリットがあります。

 

アットベリーには、メラニンの排出を促す美白成分プラセンタエキスの他、肌の炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kが配合されています。
その他、メラニンの生成を促す酵素・チロシナーゼの活性化を抑制しメラニンの増加を防ぐ甘草フラボノイドも含まれています。

 

ムダ毛処理などを行うと肌に炎症などのダメージが起きやすくなり、それに平行してメラニン色素が増加しますので、
グリチルリチン酸2Kは、そのような肌へのダメージをケアする働きが期待できます。

 

そして、甘草フラボノイドでメラニン色素の増加を抑制し、プラセンタエキスでメラニンの排出を促進する事で黒ずみができにくい肌を目指す事ができます。

 

また、肌が乾燥しているとダメージを受けやすいですが、アットベリーには水分保持力の高いセラミドの他、次いで保湿力の高いコラーゲン・ヒアルロン酸などが配合されており、しっかりと保湿してお肌をダメージから守ります。

 

その他の特徴的な成分として、雑菌の繁殖を防ぐ桑エキスが配合されており気になるニオイケアも同時に行う事ができます。

 

 

 

以上が
僕が使ってみて良かったちんこ黒ずみクリームです。
専用じゃないのも混じってますけどね。

 

これ以上、黒ずみが悪化しなけりゃOKだと思って使ってます。

 

でも実際
ちんこが明るくなってる実感があります。

 

使わないよりは使った方が安心かなって思いますね。

 

ちんこ黒ずみケアに使われる美白成分のメリット・デメリット

ちんこの黒ずみケアには
ちんこ黒ずみクリームを使うのがシンプルで安心なのですが

 

もしかすると
自分で美白成分を選んで使いたいという猛者もいるかもしれません。

 

そんな方に
よく使われる美白成分のメリット・デメリットをまとめておきますね。

 

※下に行くほど強い成分です。

 

ビタミンC誘導体のメリット・デメリット

ビタミンC誘導体は、厚生労働省にも許可されている美白成分の1つです。
ビタミンCそのものでは、肌に吸収されないため、ビタミンCを肌に浸透させるように加工したものがビタミンC誘導体でメリット・デメリットがあります。

 

まず、メリットですが、ビタミンC誘導体には美白効果だけでなく、抗酸化作用・抗炎症作用・ターンオーバーの促進・過剰な皮脂の分泌を抑える・セラミドを合成させるなどの作用があります。
ニキビ・シミ・くすみなどが気になる女性には嬉しい働きを多く持つ美白成分の一つです。

 

一方でデメリットですがビタミンC誘導体は、刺激があり敏感肌の方は注意が必要です。
なお、ビタミンC誘導体にはいくつか種類があり種類によっては肌への浸透力は約8?200倍も違いがあり、それぞれ特徴も違ってきます。
その為、ビタミンC誘導体というだけで判断するのではなくご自身に合ったものを選ぶ事が大切です。

アルブチンのメリット・デメリット

アルブチンも厚生労働省に許可されている美白成分の一つです。
アルブチンのメリットは、シミの原因となるメラニンを作るチロシナーゼという酵素の働きの活性化を防ぎメラニンの生成を抑制する所にあります。
また、美白効果の高いと言われるハイドロキノンに極めて近い構造でありながら、副作用の心配がほとんどないこともメリットの一つです。

 

アルブチンは、副作用の心配もほとんどない為、デメリットはほとんどありませんが、できてしまったシミを薄くする働きは期待できません。
あくまで、シミなどを「予防」する美白成分として使用する事が大切です。

トラネキサム酸のメリット・デメリット

トラネキサム酸も厚生労働省に認められている高級美白成分の一つで、主に肝斑の治療によく使用される成分です。
ちんこ黒ずみクリームに配合されているのはトラネキサム酸が多いです。

 

トラネキサム酸のメリットですが、プロスタグランジンという伝達物質の一つをブロックする事で、メラニンの生成を抑制します。
また、抗プラスミンの作用があり、メラノサイトの活性化を抑えて肝斑を作らせない働きを持っています。

 

一方で、デメリットとしてはトラネキサム酸を内服薬として服用する場合です。
止血剤を飲んでいる場合には、トラネキサム酸を併用すると血栓ができやすなる為、医師に確認してから服用する事が大切です。
また、人によっては吐き気・頭痛などの副作用が出る場合があります。

 

ただし、化粧品として使用する場合には、それらの心配はほとんどありません。
それでも心配な方は、パッチテストをしてから化粧品を使用しましょう。

 

ハイドロキノンのメリット・デメリット

ハイドロキノンは、肌の漂白剤と呼ばれるほど美白効果の高い成分です。
その為、メリットが大きい分、デメリットもあります。

 

まず、メリットですが、ハイドロキノンは他の美白成分と違って還元作用が強い成分です。
還元作用を簡単に説明すると、紅茶にレモンを入れると紅茶の色が薄くなる事をイメージしてもらうと分かりやすいです。

 

このように、ハイドロキノンは黒色化したメラニンを無色化する働きがある為、その還元作用の強さから肌の漂白剤とも呼ばれているのです。

 

一方でデメリットとしては、刺激性が強く濃度が4%以上にもなると人によっては、ハイドロキノンを塗った部分が炎症を起こす場合もあります。
その他、用法用量を正しく守らなければ白斑などの危険性もあり効果が高い分、しっかりと用法用量を確認して使用する事が大切です。

 
更新履歴
page top